トップイメージ
カードが不要に思える!そういった考えが浮かんだら機能停止(きのうていし)を行いましょう。能書きは不要だと知っての上で敢えて説明しますが、カードの使用不可能化とは本人が保有しているまさにそのクレジットカードを完全にショッピングなどの売り場で会計出来ない状態にしてしまうことを言います。この文章では不要になったクレジットカードの無効化の方法から使用の中止に際しての注意事項などをすみずみまで詳しく説明していくことにします。この解説を一読して下さったなら機能停止に関する心配事をきれいに忘れて気楽になっていただけると思います。端的に断言してしまうけれども、クレジットを契約解除してしまうのは意外に早く済みます。「カード会社に一旦申請をしたら、したくても機能停止するのは困難じゃあるまいか」……」または、「 カードの使用取りやめの申請が手間なんじゃないの?」というように感じてしまう利用者もたくさんいるということだと伺っているが、本当はクレカのサイン側の面に記載されている連絡先に電話をしクレカ使用不可能化の意志を知らせることさえすれば契約解除が実現できます(およそ3分ほどの手続きで)。カードを登録する段階ではあそこまで億劫だったはずなのに使用不可能化の申し込みはまさか数分間のやり取りでいいの?などと拍子抜けして何も考えられなくなってしまうに違いありません。本当に使用中止の仕方は楽に終われるのでしょうか?ご心配ありません。カード会社における解約手順は特別な例外を無視すれば使用中止用の専用の用紙も必要なければ長い間退会取りやめを迫られるような面倒も起こりません。全くただ「使用中の◎◎カードのサービスを退会したいのですが!」といった具合に受話器の向こう側の受付係に対して話すようにすれば結構です。当の私自身もかつてから25枚を越えるほどのクレカを解約してきましたが、解約でとまどったような場合は普通はないのでそのような問題については不安に思わないで欲しい。事情通より小耳に挟んだことによれば使用中止を申請したところやめるわけがどんなことによるのか確認されることがあったということですが、ただ単に情報収集のような聞かれ方だったと言っていたので慰留されるような手間もまずないと言っていました。聞かれたという場面に出くわしてもいつわりなく『年会費がもったいないと思ったから』だとか『違う会社のクレジットカードのホームページを見たらその方がお得だから』といった考えを述べてしまえば問題ないのです

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.martinklizan.com All Rights Reserved.